コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どんな ドンナ

2件 の用語解説(どんなの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どんな

[形動]
はっきりしないそのものの状態・性質・程度などを想像しようとするさま。「どんな人が来るのだろう」「どんなにかうれしかったろう」「どんなものをお探しですか」
物事の状態・性質・程度などに左右されないさま。「どんな物でも買い取る」「どんなに悲しくとも泣かない」
[補説]連体形に「どんな」「どんなな」の二形がある。連体形として一般には「どんな」の形が用いられるが、助詞「の」に続くときなどは「どんなな」の形が用いられる。「通信事情が悪いので、今の状況がどんななのか、よくわからない」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どんな

( 形動 )
これぐらいとか、このようなとか指示できない、不明の状態や性質などを表したり、それを尋ねたりするときに用いる。 「 -天気か不明」 「 -品がいいでしょうか」 「その悲しみは-だろう」 「 -にかつらかったろう」
(「でも」「ても」「も」などを伴って)物事の程度や状態、その時の事情などに影響されないようす。たとえ最もひどい…でも。 「 -困難にも負けない」 「 -ことでもする」 「 -苦しいことでもがまんする」 「 -に頑張っても今週中に仕上げるのは無理だ」 〔 (1) 連体形に「どんな」「どんなな」の二形がある。連体形として一般には「どんな」が用いられるが、助詞「の」が続くときなどには「どんなな」の形が用いられることがある。「様子がどんななのかよくわからない」 (2) この語を連体詞とする説もあるが、右の「どんなな」の例のように、述語的にも用いられることがあるという点が一般の連体詞と異なっている〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

どんなの関連情報