コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如何な イカナ

デジタル大辞泉の解説

いか‐な【如何な】

《「いかなる」の音変化》
[連体]
どんな。どのような。「如何な名人でも簡単にはできまい」
さすがの。
「―先生も年には勝てない」〈藤村夜明け前
[副](あとに打消しの語を伴って)どうしても。いっかな。
「中の節が障(つか)えて…、―上へは動(ゆる)ぎもせぬ」〈紅葉多情多恨

いっか‐な【如何な】

《「いかな」の促音添加》
[副](あとに打消しの語を伴って)どうしても。どのようなことをしても。何としても。
「子供は―手を離さなかった」〈里見弴多情仏心
[連体]どのような。どんな。
「さなくは後へも先へも―事やらぬといふ」〈浄・団扇曽我〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかな【如何な】

( 連体 )
どのような。どんな。 「 -ことでも」 「 -人でもかなうまい」
さすがの。 「 -あいつでも今度は参ったろう」
( 副 )
(あとに打ち消しを伴って)どうしても。いっかな。 「捩つても、廻しても、-上へは動ゆるぎもせぬ/多情多恨 紅葉」 「『当りはせまい』『-、側へも参りますまい』/狂言・八幡の前 鷺流

いっかな【如何な】

〔「いかな」の促音添加〕
( 副 )
(あとに打ち消しの語を伴って)全然。決して。 「 -聞き入れない」 「 -白状しない」 「いろ〱にことわれども。桐山は-きかず/当世書生気質 逍遥
( 連体 )
どんな。いかなる。 「是は-王様も、迷ひ給ふも道理ぢや/浄瑠璃・八花形」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

如何なの関連キーワード言い分ける・言分ける繰り回す・繰回す如何なる星の下に鬱悒し・欝悒し当世書生気質如何なものか三雲 祥之助上原熊次郎浮かれ出づ平岡 精二崎本 はる然らでだに風の便り取り据う高山樗牛如何なる高見 順如何な事憎まれ約まり

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android