コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ないで ナイデ

デジタル大辞泉の解説

ない‐で

[連語]
打消しの意を含んで下に続く意を表す。「仕事もしないでぶらぶらしている」
「逆上(のぼせ)―至極よいお薬でございます」〈滑・浮世風呂・二〉
(「ないでください」「ないでほしい」などの形で)打消しの希望、婉曲な禁止を表す。「この中へは、入らないでください」「勝手に使わないでほしい」
(「ないでいい」などの形で)ある動作をしないことを許可・認容する意を表す。「君は忙しいから出かけないでいい」→なくて
[補説]「ないで」については、打消しの助動詞「ない」に、助詞「で」、あるいは断定の助動詞「だ」の連用形「で」が付いて成ったとする説などがあり、いまだ定説をみない。また、「ないで」全体を接続助詞などとする扱いもある。2は、「お母さん、もうどこにも行かないで」のように文末に用いられることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないで

( 連語 )
〔近世初期から関東方言に用いられ、江戸語以降広く用いられるようになった。江戸語でのくだけた言い方では「ねえで」となる〕
動詞および動詞型活用の助動詞の未然形に接続する。
打ち消しの意味で下に続ける。 「勉強もし-、遊んでばかりいる」 「他ひとの気も知らねえで、まことに憎いよ/人情本・辰巳園
「ないでは」「ないでも」の形で、打ち消しの条件を表す。「なければ」「なくても」の意。 「こっぴどい目にあわさ-はおかないぞ」 「傘を持って行か-も大丈夫だろう」
文末にあって、婉曲的に禁止の意を表す。 「もうどこにも行か-」 「やたらにお金を持ち出さ-ね」
「いい」「くれ」「ほしい」などの補助動詞・補助形容詞を後ろに伴って用いられる。 「今日は出かけ-くれ」 「もうそんな所へは行か-ほしい」 〔 (1) この語の成立については、打ち消しの助動詞「ない」に接続助詞「で」、あるいは断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたもの、打ち消しの助動詞「ない」と打ち消しの接続助詞「いで」とが交錯してできたものなど、諸説があって、まだ確定していない。 (2) この語を一語とみて、打ち消しの助動詞「ない」の連用形とするもの、接続助詞とするもの、などの説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ないでの関連キーワードグリーンアスパラガス悪しからず・不悪蒔かぬ種は生えぬ去らず・避らず難産色に懲りず怖めず臆せず倦まず撓まず金銀は湧き物壁越し推量死に損なう夜を明かす気に留める悪しからず見過ごすのほほん専業主夫接続助詞癇に障る専業主婦円卓会議

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ないでの関連情報