コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ないで ナイデ

2件 の用語解説(ないでの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ない‐で

[連語]
打消しの意を含んで下に続く意を表す。「仕事もしないでぶらぶらしている」
「逆上(のぼせ)―至極よいお薬でございます」〈滑・浮世風呂・二〉
(「ないでください」「ないでほしい」などの形で)打消しの希望、婉曲な禁止を表す。「この中へは、入らないでください」「勝手に使わないでほしい」
(「ないでいい」などの形で)ある動作をしないことを許可・認容する意を表す。「君は忙しいから出かけないでいい」→なくて
[補説]「ないで」については、打消しの助動詞「ない」に、助詞「で」、あるいは断定の助動詞「だ」の連用形「で」が付いて成ったとする説などがあり、いまだ定説をみない。また、「ないで」全体を接続助詞などとする扱いもある。2は、「お母さん、もうどこにも行かないで」のように文末に用いられることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ないで

( 連語 )
〔近世初期から関東方言に用いられ、江戸語以降広く用いられるようになった。江戸語でのくだけた言い方では「ねえで」となる〕
動詞および動詞型活用の助動詞の未然形に接続する。
打ち消しの意味で下に続ける。 「勉強もし-、遊んでばかりいる」 「他ひとの気も知らねえで、まことに憎いよ/人情本・辰巳園
「ないでは」「ないでも」の形で、打ち消しの条件を表す。「なければ」「なくても」の意。 「こっぴどい目にあわさ-はおかないぞ」 「傘を持って行か-も大丈夫だろう」
文末にあって、婉曲的に禁止の意を表す。 「もうどこにも行か-」 「やたらにお金を持ち出さ-ね」
「いい」「くれ」「ほしい」などの補助動詞・補助形容詞を後ろに伴って用いられる。 「今日は出かけ-くれ」 「もうそんな所へは行か-ほしい」 〔 (1) この語の成立については、打ち消しの助動詞「ない」に接続助詞「で」、あるいは断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたもの、打ち消しの助動詞「ない」と打ち消しの接続助詞「いで」とが交錯してできたものなど、諸説があって、まだ確定していない。 (2) この語を一語とみて、打ち消しの助動詞「ない」の連用形とするもの、接続助詞とするもの、などの説もある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないでの関連キーワードざるずやてんでなくてぬかまいかませんませんでした打消しだけしか

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ないでの関連情報