ひび養殖(篊養殖)(読み)ひびようしょく

世界大百科事典 第2版の解説

ひびようしょく【ひび養殖(篊養殖)】

ノリおよびカキの養殖方法の一つ。ひび建式養殖ともいう。竹,そだ(細い木の枝),網,すだれなどを浅海に設置し,ノリ胞子やカキの幼生を付着させ,成長させる。海中に設けたこのような施設をひびというが,本来は魚を捕るための施設であった。 江戸時代の初期,東京湾の大森付近の漁民が,魚を捕るために建てたひびにノリがつくことに着目し,ノリを育てる目的で竹ひびやそだひびを建て込むようになったのがノリ養殖の始まりといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のひび養殖(篊養殖)の言及

【養殖】より

…現在普及している貝殻を海中に垂下する採苗法は,大正末期に考案されたものであるが,そのヒントとなったのはアメリカに輸出された移殖用の親ガキの貝殻に付着していた稚貝が,親ガキは輸送中に死亡したにもかかわらず,生き残って成長したことであった。日本独特の水産物であるノリが天然採集からひび養殖に移行し始めたのは延宝年間(1673‐81)以前といわれている。初めは大森付近の東京湾で独占的に行われていたが,文政年間(1818‐30)以後,しだいに各地に伝えられていった。…

※「ひび養殖(篊養殖)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android