コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採苗 さいびょう

3件 の用語解説(採苗の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さいびょう【採苗】

( 名 ) スル
種苗しゆびようを採取すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいびょう【採苗】

(1)養蚕の分野ではクワの苗木を育成することをいう。クワは有性繁殖も無性繁殖も可能であるが,有性繁殖の場合,クワは遺伝的に雑種の状態であるので,種子から育成した苗木の形質はさまざまとなる。そのため,苗木の育成は無性繁殖によることが多い。無性繁殖の方法には,接木法,取木法,挿木法,代出(しろだし)法などがあるが,接木による桑苗生産がそのうち約8割を占める。接木法とは,接穂と台木を接着させて,癒合によって苗木を育成する方法で,台木には種子より育成した実生苗を用いることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

採苗の関連情報