ひょう紋病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

ひょう紋病(トウモロコシ)

主にスィートコーンで発生するが、被害は少ない。盛夏に発生し、病斑黒褐色で、葉縁から広がり楕円形となることが多い。ある程度広がると輪紋状病斑となる。高温高湿条件になると、葉の表面にピンク色の粘塊状の分生子塊を形成し、これが風雨などで飛散してまん延する。病斑が古くなると、罹病組織内に小さな菌核を形成して越冬し、翌年の伝染源となる。病原菌はオーチャードグラスチモシーのものと同種だが、寄生性が異なる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android