コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょう紋病(トウモロコシ)

1件 の用語解説(ひょう紋病(トウモロコシ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

ひょう紋病(トウモロコシ)

主にスィートコーンで発生するが、被害は少ない。盛夏に発生し、病斑は黒褐色で、葉縁から広がり楕円形となることが多い。ある程度広がると輪紋状病斑となる。高温高湿条件になると、葉の表面にピンク色の粘塊状の分生子塊を形成し、これが風雨などで飛散してまん延する。病斑が古くなると、罹病組織内に小さな菌核を形成して越冬し、翌年の伝染源となる。病原菌はオーチャードグラスやチモシーのものと同種だが、寄生性が異なる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょう紋病(トウモロコシ)の関連キーワードローンテニススイートコーンレーンコートローンコートボートコート斑点病(アカクローバ)斑点病(シロクローバ)斑点病(クリムソンクローバ)斑点病(アルサイククローバ)斑点病(サブタレニアンクローバ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone