へどもど(読み)ヘドモド

デジタル大辞泉の解説

へど‐もど

[副](スル)どうしていいのかわからなくて、うろたえまごつくさま。「質問されてへどもどする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へどもど

( 副 ) スル
どうしていいかわからなくて、まごついたり返事につっかえたりするさま。 「答えられなくて-する」 「 -しながら言い訳をする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へど‐もど

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) どうしてよいかわからないまま、うろたえまごつくさまを表わす語。
※評判記・嗚久者評判記(1865)「もし当人がつかまらずば、又よし幾丈がへどもどするであらう」
[2] 〘形動〙 (一)に同じ。
人間失格(1948)〈太宰治〉第二の手記「へどもどの挨拶」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる