コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まごまご マゴマゴ

デジタル大辞泉の解説

まご‐まご

[副](スル)まごつくさま。うろたえるさま。「道がわからずまごまご(と)した」
[用法]まごまご・うろうろ――「東京駅で新幹線ホームがわからずまごまご(うろうろ)してしまった」「妻は不意の来客にまごまご(うろうろ)してしまった」などのように、うろたえる意では相通じて用いられる。◇「まごまご」は、どうしたらよいかわからず、困惑しているようすを表し、「突然、スピーチ指名を受け、まごまごしてしまった」「財布が見つからず、まごまごした」「まごまごしていると、また留年だぞ」など、いろいろな状態に使える。◇「うろうろ」は動き回ったり歩き回ったりするさまを表す。「変な男が家のまわりをうろうろしている」「時間があったので、盛り場をうろうろした」のように用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まごまご

( 副 ) スル
どうしてよいかわからず、うろたえるさま。まごつくさま。 「出口がわからず、-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

まごまごの関連キーワード逃げ惑う・逃惑う狼狽えるとぼつくまごつく戸惑う寝惑ふ彷徨くとちる鼠舞ひ用法出口

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まごまごの関連情報