ぐだぐだ(読み)グダグダ

デジタル大辞泉の解説

ぐだ‐ぐだ

[副](スル)
同じことを何度も繰り返したり、つまらないことを長々としつこくしゃべったりするさま。くどくど。くだくだ。「ぐだぐだ(と)言い訳を続ける」
無気力でやる気のなさそうなさま。気分などがゆるんでしまりのないさま。だらだら。「ぐだぐだ(と)ご飯を食べたりテレビを見たりして過ごす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐだぐだ

( 副 )
〔俗語〕
つまらないことをしつこく繰り返して言うさま。 「 -言ってないで仕事をしろ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐだ‐ぐだ

[1] 〘副〙
① =くたくた(一)①
洒落本・酔姿夢中(1779)叙「我事のやふに記(かき)たりしは文(いき)にして質(いやみ)なく、質(グダクダせず)に」
② =ぐたぐた(一)③
③ 不活発なさまを表わす語。ぐずぐず。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「ハウアーユーがあいさつと知ってはいても、毛唐にむけてこころみたことなく、ぐだぐだするうち」
[2] 〘形動〙 =くたくた(二)
※孤蝶随筆(1924)〈馬場孤蝶〉緑蔭茗話「夏は日中は余り暑いので、人間ばかりで無く、弓そのものがぐだぐだになって居るのであるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐだぐだの関連情報