おろおろ(読み)オロオロ

デジタル大辞泉の解説

おろ‐おろ

[副](スル)
驚きや悲しみなどの衝撃でうろたえるさま。「父の死にただおろおろ(と)するばかりだった」
声を震わせ、涙を流して泣くさま。
「涙―と落しながら」〈露伴・艶魔伝〉
不十分なさま。ざっと。
「この事知りたる聖はありと聞き侍りしか、と―言ひ出たりけるを」〈無名抄
全体に行きわたらないさま。ところどころ。
「髪もはげて、白きとても―ある頭に」〈宇治拾遺・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おろおろ

( 副 ) スル
どうしてよいかわからず取り乱すさま。 「ただ-(と)するばかり」
泣いて目や声のうるんでいるさま。 「 -と泣く」
不十分なさま。 「先の翁よりは天骨もなく-かなでたりければ/宇治拾遺 1
部分的に。まばらに。 「髪もはげて白きとても-ある頭に/宇治拾遺 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おろ‐おろ

(「おろか(疎)・おろそか(疎)」などの「おろ」と同源の「おろ」を重ねた語)
[1] 〘形動〙 不十分なさま。いいかげんなさま。
※中外抄(1137‐54)久安元年八月一一日「ゆゆしげにおろおろなる直衣きてありき」
[2] 〘副〙
[一]
① 不十分なさま。いいかげんなさま。どうやらこうやら。ふじゅうぶんながら。
※宝物集(1179頃)「紫金山の鳥の黄なる翅の、をい侍るなるやうに、をろをろ承り侍れば、諸行は無常なりと観ずるを」
※宇治拾遺(1221頃)一「さきの翁よりは、天骨もなく、おろおろかなでたりければ」
② 部分的で、全部にいきわたらないさま。まばらに。ところどころ。
※江談抄(1111頃)三「三年と云八月十五夜、をろをろくもりたるに」
③ ぼつぼつ。とりとめなく。
※無名抄(1211頃)「『渡辺といふ所にこそ、此事知りたる聖はありと聞き侍しか』とをろをろいひ出たりけるを」
[二] (「と」を伴って用いることが多い)
① どうしてよいかわからずあわてるさま。落ち着きを失っているさま。
※日葡辞書(1603‐04)「vorovoroto(ヲロヲロト) スル」
※雨ニモマケズ(1931)〈宮沢賢治〉「ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ」
もろい状態。をうるませて涙声になっているさま。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「にらむ目の中おろおろと女は涙もろかりし」
[語誌](二)(二)用例は、江戸時代以前にさかのぼることができず、他の語と複合して「おろおろ船」「おろおろ目」のように用いることも多い。また「…と」の形で用いられるところからも、「うろうろ」同様、擬態語的要素が強い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おろおろの関連情報