コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やしょうま やしょうま

1件 の用語解説(やしょうまの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

やしょうま


長野の郷土菓子で、米粉に砂糖・塩・熱湯を混ぜて蒸したものを練って棒状に成形したもち。輪切りにして食べる。生地にごまや青のりを混ぜたり、食紅などで着色したりするものがある。釈迦の入滅の日に行われる涅槃会(ねはんえ)の供物として作られる。◇釈迦が入滅の際にこれを食べ、弟子の邪(やしょ)に「邪、うまかった」といったという伝承から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やしょうまの関連キーワード那智黒笹団子磯松風薄皮饅頭柿羊羹文旦漬豆打餅炒粉餅/煎粉餅打ち菓子塩竈/塩釜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やしょうまの関連情報