コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

をや ヲヤ

デジタル大辞泉の解説

を‐や

[連語]
《格助詞「を」+係助詞「や」》疑問を表す。…を…(だろう)か。
「水の落ち足(=水ガ引キハジメルノ)―待つべき」〈平家・九〉
《間投助詞「を」+間投助詞「や」》
(活用語の連体形に付いて)強い感動・詠嘆を表す。…(だ)なあ。…ことよ。
「もてひがみたること好み給ふ御心なれば、御耳とどまらむ―、と見たてまつる」〈若紫
(名詞・助詞に付く。「いわんや…(において)をや」の形で)反語表現の文を強調する意を表す。まして…においてはなおさらである。…はいうまでもないことである。
「いかにいはんや、七道諸国―」〈方丈記
[補説]2漢文訓読からの用法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

をや

( 連語 )
〔間投助詞「を」に間投助詞「や」の付いたもの〕
詠嘆の意を表す。 「相思はぬ人-もとな白たへの袖ひつまでに音のみし泣かも/万葉集 614」 「後やすくのどけき所だに強くは、うはべの情はおのづからもてつけつべきわざ-/源氏 帚木
(「いはんや…をや」の形で用いられて)反語の意を表す文に詠嘆の意を添える。まして…においてはなおさらである。まして…は言うまでもない。 「釈種は善法を修行して一の虫をだに殺さず、いかにいはんや人-/今昔 2」 「善人なをもちて往生をとぐ、いはんや悪人-/歎異抄」
〔格助詞「を」に係助詞「や」の付いたもの〕 「を」は、その上の語句を対象として取り上げて下の用言に結び付け、それに対する疑問の気持ちを「や」によって表す。 「をみなへしおほかるのべにやどりせばあやなくあだの名-たちなむ/古今 秋上」 「隔てなきとはかかる-言ふらむ/源氏 総角」 〔 は漢文訓読文から出た言い方〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

をやの関連キーワードロータリー式掘削装置如何に況んや蘆角・芦角羽束師の森炬燵・火燵思ひ習ふ磨り上げ名を流す悪人正機ライターびっくら醜の大夫間投助詞元服劣りなよび姿に於きて悪しくす月星日嶺渡し幾許し

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

をやの関連情報