コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイアス アイアスAias; Ajax

6件 の用語解説(アイアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイアス
アイアス
Aias; Ajax

ギリシア神話の人物。(1) 大アイアス サラミス王テラモンの子。『イリアス』ではアキレウスに次ぐ英雄として,アキレウスが後方にひきこもったあと,ギリシア陣営の主軸としてトロイ軍と戦った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アイアス
アイアス
Aias

ギリシアのソフォクレスの悲劇。トロイ伝説に取材した作品で,現存するソフォクレスの悲劇のなかで最も古いものとされている。アキレウスの死後,アイアスは名誉を奪われたくやしさに発狂し自殺する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アイアス

ギリシア伝説の英雄。ラテン名はアヤクスAjax。(1)サラミス王,テラモンの子。筋骨たくましく丈高く,トロイア戦争では寡黙剛直,ゆるぎなき勇気でアキレウスに次ぐ英雄で,大アイアスと称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイアス【Aias】

ギリシア伝説の2人の英雄。ともにトロイア戦争で活躍した。(1)サラミス王テラモンTelamōnの子。巨大な体軀の持主で,大アイアスとも呼ばれる。武勇一点張りの闘将として,つねにギリシア軍の先頭に立って奮戦,しばしばトロイア軍の総大将ヘクトルと闘った。アキレウスの死後,その遺品の武具をめぐってオデュッセウスと争い,それがオデュッセウスに与えられたとき,憤慨のあまり発狂した彼は羊群を仇と信じて殺戮(さつりく)したが,正気に戻ってからみずからの行為を恥じて自害した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アイアス【Aiās】

ギリシャ神話の英雄。サラミス王テラモンの子。トロイ戦に出征。アキレウスの死後、オデュッセウスと争って敗れ、逆上して味方の諸将を殺そうとするが、アテナによって錯乱させられ、羊を殺す。錯乱からさめて後、自害。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイアスの関連情報