コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイシングラス

3件 の用語解説(アイシングラスの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アイシングラス

 魚(チョウザメなど)の浮き袋を精製して乾燥したもので,コラーゲンが主な成分.ビールワインの清澄剤として使われた.ゼリーや糊の製造にも使う.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アイシングラス

魚類,おもにタラなどのうきぶくろを水洗,乾燥したもので,成分はコラーゲン。水で煮沸すれば良質のゼラチンを得る。→魚膠(ぎょこう)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイシングラス
あいしんぐらす
isinglass

魚膠(ぎょこう)の一種。古くからヨーロッパで主としてタラなどの魚類のうきぶくろを原料としてつくられ、チョウザメのものが最良とされている。うきぶくろを洗浄して不純物を除去し、縦に数枚に切断して板の上に広げて日光で乾燥させる。外膜を除去して圧力を加え、中層のほとんど純粋なコラーゲン部を平板状にして製品とする。黄色みを帯び、強靭(きょうじん)で半透明。接着剤として宝石類の接着や羊皮紙の修復、絆創膏(ばんそうこう)の原料に用いられ、また清澄剤としてビール、サイダー、ワインなどの製造に使用される。[望月 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアイシングラスの言及

【タラ(鱈)】より

…昔は食用のほかにもタラの用途は広かった。例えば,皮膚やうきぶくろはコラーゲンを多量に含むので,前者はにかわの原料とされ,後者はアイシングラスと呼ばれる上質のゼラチン原料とされ,ブドウ酒の清澄剤としても用いられた。また,肝臓からは肝油をとり,ビタミンAおよびDの補給源とされた。…

※「アイシングラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイシングラスの関連情報