アイルランド国民党(読み)アイルランドこくみんとう(英語表記)Irish Nationalist Party

世界大百科事典 第2版の解説

アイルランドこくみんとう【アイルランド国民党 Irish Nationalist Party】

アイルランドの自治を求めて19世紀末から活躍した政党。アイルランド議会党,または自治党とも呼ばれた。バットIsaac Butt(1813‐79)が1873年に創設した自治同盟がその前身で,バットの死後,パーネルの指導の下でロンドンのウェストミンスター議会に多数の議員を送り(1885年には85議席),グラッドストンを支持して自治法推進に大きな役割を果たした。パーネル失脚(1890)後弱体化したが,レドモンドJohn Redmond(1856‐1918)の指導の下で再生し,アスキスを支持して1914年の第3次自治法成立に力を尽くした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイルランド国民党
あいるらんどこくみんとう

アイルランド議会党Irish Parliamentary Partyとも自治党Home Rule Partyともよばれる。1873年に設立されたホーム・ルール・リーグを継承する議員の集団で、イギリス議会のなかでアイルランドの自治を主張し続けた。翌1874年の総選挙で56議席を獲得してその基礎を固め、パーネルがリーダーになると激しい議事妨害戦術で政府を苦しめた。グラッドストーン首相にアイルランドの自治を決意させたのは国民党の力によるところが大きい。パーネルの死(1891)後、党は分裂したが、1900年にレドモンドJohn Edward Redmond(1856―1918)によって再統一され、1912年アスキス首相に迫って第三次自治法案を提出させた。しかしイースター蜂起(ほうき)(1916)以降のアイルランド独立運動の高まりは、自治と議会主義の枠内にとどまろうとする国民党の役割を終わらせることになった。[堀越 智]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアイルランド国民党の言及

【パーネル】より

…パーネルは地主制度廃止をイギリス支配を終わらせる第一歩と考えたのである。80年にアイルランド議会党(アイルランド国民党)党首に選出され組織を強化,85年の総選挙でアイルランドの103議席中85議席を確保した。グラッドストーンらイギリス自由党は,この結果から,自治要求をアイルランド人の総意と確信し,翌86年に自治法案を議会に提出した(最終的に自治法が成立したのは1914年)。…

※「アイルランド国民党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android