コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオイトトンボ Lestes sponsa

2件 の用語解説(アオイトトンボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アオイトトンボ【Lestes sponsa】

トンボ目アオイトトンボ科の昆虫(イラスト)。体長約40mm。体の背面は金属緑色なのでこの名がある。下面は黄褐色。成熟した雄では黄褐部が黒化し,また体表面全体に白粉を帯びてくる。ユーラシア大陸の北部の種類で,ヨーロッパからシベリアを通じて日本列島の北方に広くふつうに産する。北海道と本州の北半部では湿原や山間の池沼に多産する。前年の秋に挺水植物の組織内に産みつけられた卵は春に孵化(ふか)し,幼虫は3ヵ月くらいで成長を終わり,7~8月ごろ羽化し秋まで水域に現れて生殖活動を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオイトトンボ
あおいととんぼ / 青糸蜻蛉
[学]Lestes sponsa

昆虫綱トンボ目アオイトトンボ科に属する昆虫。体長約40ミリメートル。後翅(こうし)長22ミリメートル。体の背面は金属緑色で、下面は黄色。成熟した雄では黄色部が黒化し、体の表面全体に白粉を帯びてくる。ヨーロッパからシベリアを通じて日本列島の北方に分布する。本州の南西部では稀種(きしゅ)。雌はカヤツリグサ科のサンカクイなどに産卵するが、これらの植物は水中に倒れて、翌春、卵が孵化(ふか)する。幼虫は3か月ぐらいで成長を終わり、成虫は7~8月ごろ羽化して秋にまた水域に現れ、生殖活動を行う。このトンボ類は静止の際にははねを半開きにしている。アオイトトンボ科には、世界各地に多数の種類があるが、日本産にはオオアオイトトンボ(クワなどの樹枝に産卵)のほかに、オツネントンボ、ホソミオツネントンボなど成虫で越冬する種類がある。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオイトトンボの関連情報