コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオオサムシ Apotomopterus insulicola

2件 の用語解説(アオオサムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アオオサムシ【Apotomopterus insulicola】

甲虫目オサムシ科の昆虫(イラスト)。日本特産で近畿地方以北の本州に分布し,関東・中部地方から東北地方にかけてふつうに見られる。体と脚は黒色であるが,背面は金緑色の光沢があり,ときには赤銅色。体長25~32mm。夜間,昆虫を含む小動物を捕食するが,とくにミミズを好んで食べる。成虫で越冬し,4月ごろから出現する。春から夏にかけて土中へ産卵。孵化(ふか)した幼虫は成虫と同様に地上を歩き回り,小動物を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオオサムシ
あおおさむし / 青歩行虫
[学]Carabus (Ohomopterus) insulicola

昆虫綱甲虫目オサムシ科に属する昆虫。本州中部から北部に分布する代表的オサムシ。体長25~33ミリメートル。体は黒いが背部は金属緑色に光る。越冬した成虫は4~5月から現れ、おもに夜間に活動してミミズなど捕食し、幼虫も夜行性で肉食。房総半島に産するものは背面が暗赤銅色を帯びる。名古屋付近に産するものは銅色を帯び、亜種である。北陸地方から近畿地方の北部、東海地方東部、紀伊半島南東部には、小形で脛節(けいせつ)が赤褐色で、背面が銅色か黒色の亜種が分布する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオオサムシの関連キーワード蟻塚虫牙虫甲虫穀象虫猿葉虫埋葬虫歩行虫木回塵芥虫コクゾウ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオオサムシの関連情報