コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカイカ

栄養・生化学辞典の解説

アカイカ

 [Ommastrephes bartramii].体長約40cmになるツツイカ目アカイカ科の食用のイカ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカイカ
あかいか / 赤烏賊
flying squid
[学]Ommastrephes bartrami

軟体動物門頭足綱アカイカ科のイカ。市場ではバカイカムラサキイカ、クロイカ、ゴウドウイカなどとよばれる。外套(がいとう)長およそ40センチメートルに大成する外洋性種で、最近スルメイカ資源の衰微とイカ釣り船の大形化に伴い、三陸、道東沖で多量に漁獲される対象となった。全体が暗赤褐色のため、アカイカとよばれる。体は筋肉質で締まり、外套背中線に幅広い黒縦帯がある。ひれは菱(ひし)形で後位。腕には吸盤が2列、触腕には4列あり、掌部の大きい吸盤にある角質環の歯のうち90度間隔ごとの4本は特大。外套膜の腹側表面には網状に分布する発光組織がある。全世界の温帯域に分布し、産卵は暖海域で行われるらしいが、索餌(さくじ)群は冷水域まで進出する。なお、地方名でアカイカというのはケンサキイカ(おもに関西地方)やスルメイカその他をさす場合もある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アカイカの関連キーワードスルメイカ(鯣烏賊)イカタケ(烏賊茸)ケンサキイカダイオウイカスッポンタケイカ(烏賊)スルメイカマツイカカゴタケ馬鹿烏賊剣先烏賊イカタケ赤烏賊松烏賊鳶烏賊サンマ鯣烏賊漁具

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカイカの関連情報