アカイカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカイカ
あかいか / 赤烏賊
flying squid
[学]Ommastrephes bartrami

軟体動物門頭足綱アカイカ科のイカ。市場ではバカイカムラサキイカ、クロイカ、ゴウドウイカなどとよばれる。外套(がいとう)長およそ40センチメートルに大成する外洋性種で、最近スルメイカ資源の衰微とイカ釣り船の大形化に伴い、三陸、道東沖で多量に漁獲される対象となった。全体が暗赤褐色のため、アカイカとよばれる。体は筋肉質で締まり、外套背中線に幅広い黒縦帯がある。ひれは菱(ひし)形で後位。腕には吸盤が2列、触腕には4列あり、掌部の大きい吸盤にある角質環の歯のうち90度間隔ごとの4本は特大。外套膜の腹側表面には網状に分布する発光組織がある。全世界の温帯域に分布し、産卵は暖海域で行われるらしいが、索餌(さくじ)群は冷水域まで進出する。なお、地方名でアカイカというのはケンサキイカ(おもに関西地方)やスルメイカその他をさす場合もある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカイカの関連情報