コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカミミガメ Trachemys scripta

2件 の用語解説(アカミミガメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アカミミガメ【Trachemys scripta】

ヌマガメ科のカメ。ミシシッピアカミミガメキバラガメクジャクガメなど12亜種が含まれるが,単にアカミミガメと呼ばれるものはいない。アメリカ合衆国南東部から南アメリカ北部まで広く分布し,甲長20~30cm,背甲の中央部にのみ1本の隆条がある。背甲,腹甲および頭頸部に美しい斑紋があるが,個体変異が多く,成長とともに背甲が黒みがかって斑紋が薄れてくる。成熟した雄の前肢のつめは雌よりも長く,繁殖期には雌の顔近くでこれをふるわせて求愛行動を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカミミガメ
あかみみがめ
red-eared slider
[学]Chrysemys scripta

爬虫(はちゅう)綱カメ目ヌマガメ科のカメ。同科ニシキガメ属に含まれ、子ガメはミドリガメの名でペットにされる。南北アメリカに広く分布し、和名でキバラガメやクジャクガメとよばれる仲間も含め、生息地域によって、12亜種に分類される。そのなかでも、もっともよく知られているミシシッピアカミミガメC. scripta elegansは、ペットが脱出したりして現在日本の各地で野生化している。本亜種は甲長約30センチメートル、背甲は、幼体では黄色または黄緑色で、赤や黄色の複雑な斑紋(はんもん)があるが、成熟個体では黒みがかって斑紋も不明瞭(ふめいりょう)となる。頭頸(とうけい)部にも黄緑色の美しい筋(すじ)模様があって、目の後方の赤色模様がアカミミガメの名の由来である。湖、河川、池沼などの穏やかな淡水にすみ、水底が軟らかく水生植物の豊富な環境を好む。成熟した雄の前肢の各指では性徴としてつめが長くなる。繁殖期には雄は雌の前を後ずさりしながら泳ぎ、前肢を伸ばし長いつめを雌の顔近くで小刻みに震わせて求愛行動を行う。雌は一度に平均8個ほどの卵を、水辺の地中に穴を掘って産む。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカミミガメの関連キーワード緑亀青海亀赤海亀海亀箱亀ミシシッピ赤耳亀噛付亀臭亀陸亀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカミミガメの関連情報