アガペー(英語表記)agapē

翻訳|agape

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガペー
agapē

新約聖書 (特にコリント人への手紙1,ヨハネ福音書,ヨハネ書簡など) でを意味するギリシア語。ラテン語では amorあるいは caritasと訳される。カトリック学では caritasは信仰 fides,希望 spesと並ぶ基本的な徳の一つであるが (→愛徳 ) ,新約聖書のアガペーは,神の愛,キリストの愛,キリスト信者同士の愛のすべてについて用いられる。キリスト信者同士の愛をさすときには,本能的,衝動的愛をも意味するエロス erōsと区別して用いられており,パウロはこれを最大の徳と呼んでいる (コリント人への手紙1) 。またアガペーは初期のキリスト信者の親善,博愛のための会食をもいい,これは初め聖餐式と緊密な関連をもっていたが,3世紀頃から次第に分離され,キリスト教典礼とは別の会食となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アガペー【agapē】

キリスト教における愛。罪深い人間に対する神の愛、人間どうしの兄弟愛など、自己犠牲的・非打算的な愛をいう。
愛餐あいさん」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガペー
あがぺー
agap

愛を意味するギリシア語。同じギリシア語のエロスersが、対象の価値を追求するいわば自己本位の愛を意味するのに対し、対象そのものを愛する他者本位のキリスト教的な愛を示すことばとして、『新約聖書』のなかに用いられている。
 また、3世紀から4世紀ごろのキリスト教徒が、兄弟のような結合と愛を表し、貧者、とくに未亡人に施しをするために、それぞれの家庭で開いた晩餐(ばんさん)(愛餐ともいわれる)も意味している。[大谷啓治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アガペー

〘名〙 (agapē)
① 新約聖書における神の人間に対する愛。また、人間の、神や隣人に対する無私なる愛。神が、罪人である人間のために与える自己犠牲的な愛で、イエス=キリストの受苦と死とにおいて実現する。→エロス
② 初期キリスト教徒の会食。信徒結合を強めるために行なった。愛餐(あいさん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アガペーの関連情報