コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキニレ

2件 の用語解説(アキニレの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アキニレ

ニレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキニレ
あきにれ / 秋楡
[学]Ulmus parvifolia Jacq.

ニレ科の落葉亜高木。高さ10~15メートル、直径30~40センチメートル。樹皮は灰褐色で、小さく鱗(うろこ)状にはげる。小枝は多く、水平に生える。葉は互生し、倒卵形ないし長楕円(ちょうだえん)形、先は鋭頭からやや鈍頭、長さ2~5センチメートル、幅1~2センチメートル。基部はゆがんで左右非対称となり、辺縁には鈍い鋸歯(きょし)がある。花は両性、淡黄色で、当年枝の葉腋(ようえき)につき、9月に開く。花被(かひ)は4裂し、雄しべ4本、雌しべは1本で花柱は2裂する。翼果は楕円形、翼状脈が著しく、長さ約1センチメートル、花期後1か月で淡緑色ないし褐色に熟す。山地や川岸に生え、街路樹、盆栽として利用するほか、刳物(くりもの)など什器(じゅうき)類としてケヤキの代用品にも使われる。秋に開花するのでアキニレという。ウマノホネギの方言名があるが、語意は不明。本州の中部地方以西、四国、九州、朝鮮、中国に分布する。[伊藤浩司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアキニレの言及

【ハルニレ(春楡)】より

…道内ではアカダモの名も通る。 アキニレU.parvifolia Jacq.(漢名榔楡(ろうゆ))(イラスト)は高さ15m,径60cmになり,樹皮が鱗片状にむけて斑紋が残る。葉は長楕円形で長さ2.5~5cm,鈍鋸歯がある。…

※「アキニレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アキニレの関連情報