コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクタイオン アクタイオンAktaion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクタイオン
Aktaion

ギリシア神話の英雄。アポロンの息子アリスタイオスカドモスの娘アウトノエの間に生れ,ケンタウロスケイロンに養育され,狩り名手となった。あるときキタイロンの山中で,狩りの疲れを癒やそうとして泉に近づいたところ,そこで沐浴していたアルテミス女神の裸身を見てしまい,その罰に鹿に姿を変えられ,自分の連れていた 50頭の猟犬に食い殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アクタイオン

ギリシア伝説の登場人物。敏捷な狩人であったが,水浴中の女神アルテミスの裸身を目にしたため女神の怒りにふれ,鹿に変えられて自分の猟犬にかみ殺されたという。ギリシア陶器画やティツィアーノなど,後世多くの美術作品の画題となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクタイオン
あくたいおん
Aktain

ギリシア神話に登場する狩人(かりゅうど)。アポロン神の子アリスタイオスとカドモスの娘アウトノエの子。怪物ケンタウロス一族のケイロンに育てられ、彼から狩りの術を教わった。ある日、アクタイオンはキタイロンの山中で、狩りの最中に50頭の飼い犬に八つ裂きにされて死んだ。その原因は、ゼウスから愛人セメレを奪おうとしたためともいわれるが、多くの説では、彼が処女神アルテミスの入浴中の裸体を目撃してその怒りに触れたためとされている。処女神アルテミスは、泉の水をかけてアクタイオンを鹿(しか)に変え、彼の猟犬たちを扇動してかみつかせた。主人を失った犬たちを慰めるため、ケイロンはアクタイオンの立像をつくった。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアクタイオンの言及

【アルテミス】より

…しかしニンフのひとりカリストKallistōは,ゼウスに愛されて一子アルカスArkasを生んだので,女神(またはゼウスの后のヘラ)の怒りにふれて熊に姿を変えられ,のちこの母子は大熊,小熊の星座となった。また高名な猟師アクタイオンAktaiōnは,狩りの最中,水浴中の女神の裸身を目にしたため鹿に変じられ,みずからの犬どもに八つ裂きにされたという。もともとギリシア先住民族の豊穣(ほうじよう)の女神であったと考えられるアルテミスは,産褥(さんじよく)の守護神,人間と野獣に多産をもたらす女神としてもあがめられた。…

※「アクタイオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アクタイオンの関連キーワードギリシア神話シカ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクタイオンの関連情報