コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクリフラビン アクリフラビン acriflavine

2件 の用語解説(アクリフラビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクリフラビン
アクリフラビン
acriflavine

紫褐色または類赤色の結晶。化学式 C14H14ClN3 。分解点約 290℃。エチルアルコールや水に難溶,エーテルクロロホルムにはほとんど不溶。水溶液は酸性を呈し,ケイ光を放つ。抗菌力が強く,多くのグラム陰陽両性の細菌に効力があり,特に淋菌,ウェルシュ菌連鎖球菌に有効である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アクリフラビン


 トリパフラビンともいう.上記2化合物の混合物.防腐剤,抗菌剤として用いられる色素.フレームシフト突然変異原物質

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクリフラビンの関連キーワード赤蟻塩化錫紫泥酢酸銅窒化硼素硫酸ストロンチウム硫化珪素オニチャイト葉枯病(フェスク)クロロパラジウム酸塩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone