コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲル・プブリクス ager publicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゲル・プブリクス
ager publicus

古代ローマの公有地。ローマは,イタリア半島征服の過程で,抵抗した国家の領土の一部を没収,その一部はローマ市民に分与 assignatioまたは賃貸したが,残りの部分の所有権は国家に残したまま,一定の税を支払う条件で,希望者にその土地を占有 occupatioさせて耕作することを許した。これがアゲル・プブリクスである。第2次ポエニ戦争によるイタリア半島の荒廃ののち,元老院議員,騎士 (エクイテス ) など富裕な市民は,戦争により大量に獲得された奴隷を労働力として広い公有地を占有し,牧畜,果樹栽培などを行う一方,相次ぐ戦争に従軍し,債務を負った農民を追放して,自己の占有地を拡大していった。この弊害を改革しようとしたグラックス兄弟の企図も失敗し,小農民は没落,ローマの国防力低下をきたした。前 111年の農地法で,公有地の占有者にその土地の所有権が認められるようになり,カンパニアなど一部を除いてイタリアにおけるローマの公有地は消失した。ローマは,イタリア外の土地を征服して属州化する過程でも公有地を獲得したが,その大部分は,帝政の始るまでに譲渡されたり,植民都市の建設にあてられた。帝政初期にはかなりの公有地が皇帝領に加えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アゲル・プブリクスの関連キーワードラティフンディウム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android