コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゴン アゴン Agon

2件 の用語解説(アゴンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゴン
アゴン
Agon

序章と3部から成るアブストラクト・バレエアゴンは古代ギリシア語で「コンテスト (舞踊・音楽・劇などの懸賞競技) 」を意味する。音楽 I.ストラビンスキー,振付 G.バランシン。 1957年ニューヨークシティーバレエ団によって初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アゴン

ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージバランシンによるバレエ(1957)。原題《Agon》。初演はニューヨーク・シティ・バレエ団。音楽はストラヴィンスキーが作曲した十二音技法を使った同名の管弦楽曲を使用。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アゴンの関連キーワードコンチェルト・バロッコシンフォニー・イン・Cジュエルズスコッチ・シンフォニー誰がかまうものかチャイコフスキー・パ・ド・ドゥテーマとヴァリエーションハーレキナードフォー・テンペラメント四つの気質

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アゴンの関連情報