コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサイー あさいー Assai palm

3件 の用語解説(アサイーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

アサイー

ヤシ科の植物またはその果実の名。和名はワカバキャベツヤシ。原産地ブラジルアマゾン熱帯雨林域。果実の外見はブルーベリーに似ているが、味・香りともに薄く癖がない。栄養価が非常に高く、ポリフェノール、アントシアニン、鉄分、カルシウムビタミン類などを豊富に含む。そのため、健康や美容に効果的なスーパーフルーツとして話題性が高まっており、冷凍果実の輸入のみならず、大手食品企業を始め多くの企業が飲料・サプリメントなどとに商品化している。

(2013-8-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アサイー(acai/〈ポルトガル〉açai)

ブラジル、アマゾン川流域原産のヤシ科の常緑高木。暗紫色の果実は食用で、ジュースなどにする。アサイ椰子(やし)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサイー
あさいー
assai palm

ブラジル北部、アマゾン川流域原産の和名ワカバキャベツヤシとよばれるヤシ科の常緑高木、アサイヤシの果実。豊富な栄養素や抗酸化成分を含む。20メートルほどにもなる幹上部の葉の下に直径10ミリメートルほどの小さな果実が房状に実り、1本の木から20キログラムほど収穫できる。熟した果実は濃紫色で、ブルーベリーに似ていることからアサイーベリーともよばれるが、甘味や酸味、香りはほとんどない。種が大きく可食部は少ないが、ポリフェノール、鉄分、カルシウム、食物繊維など多くの栄養素や抗酸化成分を含み、原産地では先住民の栄養源や民間療法薬として長く用いられてきた。一般的には種を取り除いた果実を粉砕して水を加えたピューレ状のもの(パルプ)をヨーグルトシリアル、ほかの果物にかけて食べるほか、甘みを加えてジュースとして飲む。摘果後、短時間で酸化が進むため広く出回ることはなかったが、加工法や流通手段が発達したことに加え、栄養価の高さが知られるようになったことで、アメリカなど多くの国で注目されるようになった。冷凍状態のパルプやスムージーミックス(冷凍果物・野菜などを使ったシャーベット状の飲料の材料)、サプリメントなどさまざまな形で製品化されており、日本でも美容・健康食品として人気がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アサイーの関連キーワードアブラヤシ(油椰子)アレカ椰子上林サゴ椰子デーツ法定果実コプラミールサラカヤシパーム核油ヤシ(椰子)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アサイーの関連情報