コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサガオクラゲ アサガオクラゲHaliclystus auricula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサガオクラゲ
Haliclystus auricula

刺胞動物門十文字クラゲ綱十文字クラゲ目アサガオクラゲ科。体は三角錐状の傘に柄がついたような形をしている。傘は高さ約 1.5cmで,褐色地に白い斑紋がある。傘の縁は 8個の腕に分かれ,おのおのの腕の先端には小さな触手が群生しており,触手群と触手群の間には 8個の平衡器がある。柄部の先端には足盤があって,これでホンダワラなどの海藻やスガモなどの海草に付着して生活し,普通のクラゲのように浮遊することはない。北海道から九州まで日本各地の海岸だけでなく,北アメリカやヨーロッパ沿岸にも広く分布する。(→刺胞動物無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アサガオクラゲ【stalked jellyfish】

ハチクラゲ綱アサガオクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。北海道,本州各地に分布し,浅海のホンダワラやスガモなどに柄の足盤で付着し,つり下がっている。高さ15~20mmでアサガオの花のような形をし,かさの縁には8群の触手群があり,それぞれに小さい触手が群生する。また触手群と触手群との間には8個の感覚器官がある。かさの内部中央に十字形の口が開いている。ふつうのクラゲと異なり,ポリプとクラゲとが合一した体型で,物に付着していて,泳ぎ回ることはなく,足盤を使い物の上をゆっくりとはう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサガオクラゲ
あさがおくらげ / 朝顔水母
[学]Haliclystus auricula

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱十文字クラゲ目アサガオクラゲ科に属するクラゲ。形態は基本的にはクラゲ形であるが、一見ポリプ形に似ており、ホンダワラなどの海藻やスガモなどの海草の上に短い柄で付着して生活している。傘は高さ1~2センチメートル、アサガオの花が開いたような形をしており、その傘の縁(ふち)には8個の腕がみられ、腕の先端には多数の小触手群がある。腕と腕との中間には平衡器がみられ、傘の中央には十字形の口がある。北海道、本州中部、瀬戸内海などの浅海に夏季にみられる。北アメリカやヨーロッパの沿岸にも産する。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アサガオクラゲの関連キーワードムシクラゲ朝顔水母

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android