アシア[ローマ属州](読み)アシア[ローマぞくしゅう](英語表記)Roman province of Asia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシア[ローマ属州]
アシア[ローマぞくしゅう]
Roman province of Asia

前 133年ペルガモン王アッタロス3世がローマに領土を遺贈し,これを前 129年の執政官 (コンスル ) M.アキリウスが属州とした地域。最初はミュシア,アイオリス,リュディア,イオニア,カリアなどを含んだが,以後 L.スラポンペイウス (大ポンペイウス) らの手で領域が広がり,3世紀には小アジア半島西部とその沿岸諸島を範囲とし,北はビチュニア,東はガラチア,南はリュキア,パンフリアと境を接するにいたる。資源が豊かで農産物を多く産し,また羊毛工業でも知られ,交通の要地でもあり,ローマの支配収奪の対象となる。ミトラダテス戦争でも反ローマ的であったが,スラ,ポンペイウスにより属州統治が確立。帝政期を通じて,次第にその重要性を強めた。かつての自治都市も帝国の行政機構に繰入れられた。しかし3~4世紀にかけて衰退し,コンスタンチノープルの建設とともに大陸奥地との通商の地位は失ったが,東ローマ帝国 (ビザンチン帝国) 時代には,物的・人的資源の供給地として,その重要性は変らず,キリスト教の人口密度も稠密で,教会,司教区も発展し,モンタヌス派も起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android