コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシュケナージ アシュケナージAshkenazi, Jacob ben Isaac

4件 の用語解説(アシュケナージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシュケナージ
アシュケナージ
Ashkenazi, Jacob ben Isaac

[生]1550
[没]1628
ポーランドユダヤ人イディシュ文学者。婦人のための聖書『行け,そして見よ』 Tseno-Urenoを編集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アシュケナージ
アシュケナージ
Ashkenazi, Vladimir

[生]1937.7.6. ゴーリキー
ロシア生まれのピアニスト,指揮者。フルネーム Vladimir Davidovich Ashkenazi。両親ともピアニスト。レフ・オボーリンに師事。モスクワ音楽院在学中からショパンコンクール(1955,第2位),エリザベート王妃コンクール(1956,第1位)などで活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アシュケナージ

ソ連出身のユダヤ系ピアノ奏者,指揮者。ゴーリキー(現ニジニ・ノブゴロド)生れ。モスクワ音楽院卒業。L.N.オボーリンにピアノを学んだ。古典から現代作品まで広いレパートリーを持ち,1956年にベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクール,1962年にチャイコフスキー国際コンクールで優勝した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシュケナージ
あしゅけなーじ
Vladimir Ashkenazy
(1937― )

旧ソ連出身のピアノ奏者・指揮者。ゴーリキー(ニジニー・ノブゴロド)生まれ。現在はアイスランド国籍で、1963年以来ロンドンを本拠として活躍している。モスクワ音楽院でオボーリンに学ぶ。1955年ショパン国際ピアノ・コンクールで第2位になったのを手始めに、1956年のエリザベート、1962年のチャイコフスキー各国際コンクールに優勝。正確な技巧と柔軟な感性を武器に、バッハからプロコフィエフに及ぶ広いレパートリーをもち、第二次世界大戦後に登場したピアニストを代表する一人。一方、1977年にロンドンで指揮者としてデビューして以来、1982~1983年同地のフィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者、1987~1994年同地のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、1989年からベルリン放送交響楽団音楽監督を務め、指揮者としても名を高めた。1998年チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任(2003年まで)。2004年(平成16)9月には、NHK交響楽団の第2代音楽監督に就任(2007年まで)。2009年からシドニー交響楽団の首席指揮者及び芸術顧問に就任した(2013年まで)。初来日は1965年(昭和40)で、わが国にも多くのファンをもつ。[岩井宏之]
『ジャスパー・パロット著、奥田恵二・奥田宏子訳『アシュケナージ――自由への旅』(1985・音楽之友社) ▽『ONTOMO CD BOOKS アーティスト・シリーズ7 ウラディーミル・アシュケナージ』(1991・音楽之友社) ▽青沢唯夫著『名ピアニストの世界』(1991・春秋社) ▽読売新聞社編・刊『ザ・ピアノ&ピアニスト――面白くなってきたピアノへの賛歌』(1992) ▽佐藤泰一著『ロシア・ピアニズムの系譜――ルービンシュタインからキーシンまで』(1992・音楽之友社) ▽デイヴィッド・デュバル著、横山一雄訳『ピアニストとのひととき 上巻』(1992・ムジカノーヴァ) ▽木之下晃著『音楽家のオフステージ』(1996・東京書籍) ▽吉田秀和著『吉田秀和作曲家論集3 ショパン』(2001・音楽之友社) ▽吉田秀和著『吉田秀和全集14・19・20』(2002・白水社) ▽吉田秀和著『この一枚』(新潮文庫)』
「アシュケナージ指揮、フィルハーモニア管弦楽団演奏『モーツァルト:ピアノ協奏曲全集』CD12枚組(1991) ▽『ショパン:ピアノ作品全集』CD15枚組(1992) ▽『スクリャービン:ピアノ・ソナタ全集』CD2枚組(1995) ▽ショルティ指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『バルトーク:ピアノ協奏曲全集』CD2枚組(1996・以上ユニバーサルミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アシュケナージの関連キーワード清原宣賢平戸(市)井上正就菅原玄同硫黄島の戦い諫早湾干拓事業戦術核と戦略核新戦略兵器削減条約(新START)調整池米国の核戦略の推移

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシュケナージの関連情報