アジア相互協力信頼醸成措置会議(読み)あじあそうごきょうりょくしんらいじょうせいそちかいぎ(英語表記)Conference on Interaction and Confidence-Building Measures in Asia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア相互協力信頼醸成措置会議
あじあそうごきょうりょくしんらいじょうせいそちかいぎ
Conference on Interaction and Confidence-Building Measures in Asia

安全保障など諸問題における、アジア各国間の協力深化と信頼醸成のための国際会議。アジア協力信頼醸成措置会議ともいう。略称CICA。1992年の第47回国連総会でのカザフスタン大統領ナザルバエフの提案が成立のきっかけとなり、2002年に第1回首脳会議が開かれた。事務局はカザフスタンのアルマトイ。2014年時点の正式メンバーは、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、イスラエル、イラク、イラン、インド、ウズベキスタン、エジプト、カザフスタン、カタール、韓国、カンボジア、キルギス、タイ、タジキスタン、中国、トルコ、パキスタン、パレスチナ、バーレーン、バングラデシュ、ベトナム、モンゴル、ヨルダン、ロシアの計26か国である。オブザーバーは、アメリカ、インドネシア、ウクライナ、スリランカ、日本、フィリピン、マレーシア、アラブ連盟、テュルク評議会、国際連合、ヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)の計11か国・組織である。
 2014年5月に中国の上海(シャンハイ)で第4回首脳会議が開かれ、テロや麻薬の密輸への対策、核不拡散など多くの分野で連携の強化を明記した「上海宣言」を採択した。その際に中国国家主席の習近平(しゅうきんぺい)は、アジアの安全はアジア人民に依拠して守っていかなければならないとする演説を行った。CICAでは、中国がその影響力の強さを利用して、日米同盟やアメリカとフィリピンの同盟などに対抗しようとする動きがある。[矢板明夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android