コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマトイ Almaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルマトイ
Almaty

旧称アルマアタ Alma-Ata (1921~93) 。 1997年までカザフスタンの首都。アルマトイ州の州都でもある。ザイリースキーアラタウ山脈北麓,大・小アルマチンカ川扇状地の標高 650~950mに位置する。 13世紀にモンゴルに破壊された町アルマトイの地に,1854年ロシアがザイリースコエ要塞を築き,67年ベルヌイ Vernyiと改名,トルキスタンの行政・交易中心地となった。 1921年アルマアタに改称,29年カザフ自治共和国の首都。 30年中央アジアとシベリアを結ぶトルクシブ鉄道が完成してから急速に発展し,工業生産が増大,第2次世界大戦中から機械工業も発展するようになった。 91年独立したカザフスタンの首都となり,93年2月古名のアルマトイに改称した。主要工業は食品 (果実缶詰,食肉缶詰,油脂) ,たばこ,繊維 (綿) ,皮革,重機械 (鉄冶金設備) などの工業である。教育,文化の中心地でもあり,カザフ大学 (1934) をはじめ医学,経済,工科,農業,教育の各大学,カザフスタン科学アカデミー,劇場,美術館,オペラ座などがある。旧ソ連でも最も美しい都市の1つといわれ,格子状の街路,多くの公園,背景の山脈,近郊のリンゴ園などが織りなす景観がきわだっている。 1887年,1911年に地震,21年に洪水に見舞われている。国際空港がある。人口 116万 4000 (1994推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルマトイ
あるまとい
Алматы Almat

中央アジア、カザフスタン共和国アルマトイ州の州都。同国第一の都市で、キルギスとの国境に近い南部に位置する。1997年12月にアクモラ(1998年アスタナと改称)に移転するまで、カザフスタン共和国の首都であった。市名のalmaはリンゴの意、語尾のtyはトルコ語起源で、両者があわさって「リンゴの」という意味である。カザフスタンがソ連の構成共和国であった時代はアルマ・アタАлма‐Ата/Alma-Ataとよばれていたが、1991年のソ連崩壊後、カザフ語のアルマトイの名でよばれることになった。人口112万9400、州人口155万8500(1999)。天山山脈の一部ザイリスキー・アラタウ山脈の北麓(ほくろく)、標高650~950メートルにあり、大小二つのアルマチンカ川(イリ川流域)に面している。乾燥地帯にあり、年降水量は581ミリメートル、平均気温は1月零下6.7℃、7月23.3℃。ロシアのノボシビルスクとウズベキスタンのタシケントを結ぶ鉄道が通じ、中国国境への自動車道路の分岐点にあたるとともに、航空路も各地へ通じる交通上の要衝である。鉄道車両、金属加工のほか、食品と軽工業を主とする多数の工場があり、食肉、乳製品、皮革、綿紡績、ラシャ、果実酒などが生産される。新市街は近代的都市計画による碁盤目状で、街路樹があり、道路沿いにこれらの街路樹や果樹園灌漑(かんがい)のための水路がある。タシケント通りは、古来シルク・ロードの通過点で、現在は高層建築が建ち並ぶ。市街から万年雪を頂いた天山山脈の一部が望まれ、美しい都市である。
 カザフ人の村アルマトイに、1854年帝政ロシアの要塞(ようさい)ザイリスコエが建設され、翌1855年ベルヌイВерный/Vernyと改称された。1867年トルキスタン総督領セミレチエ州の中心地となり、十月革命翌年の1918年にソビエト政権が樹立され、軍事、政治上の中心地となった。1921年アルマ・アタと改称され、1929年カザフ共和国政府が置かれた。1930年に鉄道が開通し、当時は人口約4万の商業都市にすぎなかったが、ソビエト時代になってから発展した。カザフスタン共和国の教育、文化の中心地で、1934年建設のアルマトイ大学をはじめ多くの高等教育施設、カザフ科学アカデミーの各種研究所、博物館などの文化・研究施設が多い。また付近は地震多発地帯で、1887年、1910年に大きな被害を受け、耐震建築設計事務所が設けられている。山の手には国際的なスケート競技場として知られるメデオMedeoがある。[加藤九祚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルマトイの関連キーワードアジア相互協力信頼醸成措置会議ウラジーミル ジリノフスキープライマリ・ヘルス・ケアアジア・アフリカ作家会議カザフスタン民族暴動アルマトイ自然保護区タルドゥイクルガン州タルディ・クルガンタルドゥイクルガンペトロパブロフスクドンブロフスキージェズカズガン州アルマアタタワータルディコルガンアエロフロートジャンブールナザルバエフ非核兵器地帯アルマトゥイデニス テン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルマトイの関連情報