コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセンブラ アセンブラ

3件 の用語解説(アセンブラの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アセンブラ

アセンブリ言語のソースコードを、コンピューターが解釈できる機械語のプログラムに変換するソフトウェア。機械語をアセンブリ言語に直すことを逆アセンブラという。アセンブリ言語自体を指す場合もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセンブラ
アセンブラ
assembler

記号コードを用いて表現されたプログラムのひとまとまりを,コンピュータが直接に解読して実行することができる機械コードに変換する翻訳機能をもつプログラム。アセンブラによって機械語に翻訳できるプログラム言語アセンブラ言語という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセンブラ
あせんぶら
assembler

コンピュータにおける言語処理のためのプログラムの一種。現在のコンピュータでは、プログラムは、二進法で表現される命令とデータ集まり(機械語という)として記憶装置に置かれ、実行される。しかし、この機械語を用いてプログラムを書くことは煩わしいため、機械語の各命令を記号表現し、その記号表現されたプログラムをコンピュータ自身によって機械語に変換させる方法が開発された。この記号的にプログラムを書く言語を一般にアセンブリ言語(あるいはアセンブラ言語)とよび、アセンブリ言語を機械語に変換するプログラムのことを記号アセンブラ、あるいは単にアセンブラとよんでいる。アセンブラでは、命令はニーモニックnemonicとよばれる記号で表され、命令が操作する記憶位置は数値番地ではなく記号番地を用いることができるうえ、領域の割付けなどの指定をする機能ももったため、プログラミングの作業が便利となった。1950年代に入ると、より自然な人間のことば(英語)に近い表現や数学の式を用いてプログラムが書けるコンパイラ言語が開発され、多くのプログラムはコンパイラ言語を用いて書かれるようになったが、一方、アセンブリ言語は機械のもつ命令や機能をより細かく記述できるため、システムプログラムなどでは根強く利用されている。[石井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセンブラの関連キーワードオブジェクトコード空文原始プログラムプログラマープログラム設計プログラムリストブランド化プログラムプログラム言語プログラムソースプログラムライブラリー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アセンブラの関連情報