アダン・ド・ラ・アル(英語表記)Adam de la Halle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダン・ド・ラ・アル
Adam de la Halle

[生]1250頃.アラス
[没]1306頃.イタリア
フランスの吟遊詩人,劇作家。「せむしのアダン」 Adam le Bossuのあだ名をもつ。パリで勉学,のち劇作により北フランスの生れ故郷の町アラスの名を高めた。 C.ダンジューに従ってイタリアにおもむき,そこで没す。代表作『葉蔭の劇』 Jeu de la Feuillée (1276頃) は作者自身とアラスの近親ら実在人物を登場させ滑稽な言動を風刺し,15世紀のソティ (阿呆劇) の先駆となる作品。また『ロバンマリオン』 Jeu de Robin et Marion (85頃) は騎士と牧人の男女が織りなす田園抒情詩が主題で,世俗音楽を最初に使用したオペラ・コミックの始りといえる牧歌劇。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アダン・ド・ラ・アル

フランスのトルベール吟遊詩人)。初めアルトア伯ロベール2世に,のちシチリア王アンジュー伯に仕えた。牧歌風の《ロバンとマリオンの劇》(1285年ころ)は現存する世俗音楽劇の最古のものとして知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android