コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッケルマン Ackermann, Konrad Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッケルマン
Ackermann, Konrad Ernst

[生]1710.2.1. シュベリン
[没]1771.11.13. ハンブルク
ドイツの俳優。ドイツ近代劇の先駆者の一人。初めシェーネマン一座に属していたが,やがて妻ゾフィーとともに劇団を結成し,フランス喜劇の翻案などをもって巡業。 1764年,人気の絶頂にあった H.エクホフや妻の先夫との間にできた子 F.L.シュレーダーを一座に迎えて,ハンブルク国民劇場を中心に活躍。レッシングの『ハンブルクの演劇論』は彼の演技に負うところが多い。当り役はモリエールの『タルチュフ』のオルゴンや『守銭奴』のアルパゴン,レッシングの『ミンナ・フォン・ベルンヘルム』の曹長など。アッケルマンの没後,劇団はシュレーダーが引継いだ。

アッケルマン
Ackermann, Louise-Victorine

[生]1813.11.30. パリ
[没]1890.8.2. ニース
フランスの女流詩人。旧姓 Choquet。少女時代,ボルテールビュフォンバイロン,ゲーテなどを愛読。ドイツに遊学,同地で 1844年 P.プルードンの友人ポール・アッケルマンと結婚。 46年夫の死にあいニースに隠棲,読書と詩作に生きる。『第一詩集』 Premières poésies (1863) ,『哲学詩集』 Poésies philosophiques (72) のほか,自伝『孤独な女の思索』 Pensées d'une solitaire (83) がある。ペシミズムに貫かれたその作品は,女流作家としては特異なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アッケルマンの関連キーワードベルゴロド・ドニエストロフスキービルホロドドニストロフスキーオーストリア演劇アッケルマン一家ヒルベルト

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android