アッシュベリー(英語表記)Ashbery, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッシュベリー
Ashbery, John

[生]1927.7.28. ニューヨーク,ロチェスター
[没]2017.9.3. ニューヨーク,ハドソン
アメリカ合衆国の詩人。フルネーム John Lawrence Ashbery。優雅で独創的,難解な詩で知られている。1949年ハーバード大学を卒業,1951年にコロンビア大学大学院で修士号を取得した。1951~55年コピーライターとして勤めたのちフランスに渡り,美術評論家として『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』紙パリ版や『アメリカン・ピリオディカル・アート・ニューズ』誌に寄稿,1965年までパリで過ごす。ニューヨークに戻って 1965~72年アート・ニューズの首席編集者を務め,その後ブルックリン・カレッジで教鞭をとった。在仏時代に親しんだダダシュルレアリスムの影響を受け,主知的,実験的な詩を書く。代表作に詩集『トゥーランドット』Turandot and Other Poems(1953),『テニスコートの誓い』The Tennis Court Oath(1962),『川と山』Rivers and Mountains(1966),散文詩集『三つの詩』Three Poems(1972),ピュリッツァー賞受賞作『凸面鏡に映った自画像』Self-Portrait in a Convex Mirror(1975),16行の詩を集めた『影の列車』Shadow Train(1981),『不眠』Wakefulness(1998),『詩集 1956―1987』Collected Poems, 1956-1987(2008)などがある。また,戯曲『妥協』The Compromise(1956)や小説,美術評論などに幅広く活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android