コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドオン方式 アドオンホウシキ

デジタル大辞泉の解説

アドオン‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【アドオン方式】

add-on system》貸付金の返済を割賦方式で行う場合の利息計算方式の一。借入金額に利率と期間を掛けて算出した利息額を借入金額に加え、これを融資金額として均等に分割して返済する方式。利息額は借入金額が減らないものとして計算されているので、実質金利は表面金利より高くなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アドオンほうしき【アドオン方式】

貸付金を割賦で回収する場合の金利計算および返済の方式の一。貸付金額に利率と期間を掛けて算出した利息額を、貸付金額に加え、その総額を均等分割して返済する方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアドオン方式の言及

【利息】より

…通常,利息の天引きという方法で行われている。(4)アドオン方式 アドオン方式とは,元利金合計額を元金として分割して返済させる貸付方式である。たとえば,100万円を利息年6分で2年間貸し付ける場合,元金100万プラス利息12万円を貸し付けたことにし,これを均等分割して返済させるのである。…

※「アドオン方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アドオン方式の関連キーワードアドオン金利金利計算貸付金利率割賦方式