アドミタンス(読み)あどみたんす(英語表記)admittance

翻訳|admittance

デジタル大辞泉 「アドミタンス」の意味・読み・例文・類語

アドミタンス(admittance)

交流回路における電流の流れやすさを表す量。回路に加えられる電圧で流入する電流値を割ったもの。インピーダンス逆数単位ジーメンスアドミッタンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「アドミタンス」の意味・わかりやすい解説

アドミタンス
あどみたんす
admittance

交流回路での電流の流れやすさを表す量。直流回路のコンダクタンスに相当する。インピーダンスの逆数。回路中の抵抗、キャパシタンス(静電容量)、電磁誘導によって生じる誘導係数、つまり自己インダクタンス相互インダクタンスおよび周波数によってその値が決まる。複素数実数と虚数単位で表される数)で表され、実数部がコンダクタンス(記号G)、虚数部がサセプタンス(記号はB)とよばれる。単位は、1ボルトの交流電圧を加えたとき1アンペアの交流電流が流れるアドミタンスを1ジーメンス(S)と定めてある。記号はYで、YGjBjは虚数単位)の関係である。

布施 正・吉澤昌純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「アドミタンス」の意味・わかりやすい解説

アドミタンス
admittance

正弦波電源が加えられた電気回路 (交流回路) の端子における電圧,電流の関係を与える複素数で,インピーダンスの逆数。単位はジーメンスで記号はSである。正弦波定常状態にある回路端子の電圧および電流は電源と同じ周波数となり,振幅と位相のみが変化する。したがって,電圧,電流をフェザーと呼ばれる複素数表示に表わすことができる。そのような複素数表示をそれぞれ,VI,インピーダンスを Z,アドミタンスを Yとすると,Y=1/Z=I/Vである。すなわち交流回路に拡張されたコンダクタンスである。加えられた正弦波の角周波数がωのとき,静電容量が Cであるコンデンサのアドミタンスは jωC,自己インダクタンスが Lであるコイルのアドミタンスは1/jωLである。回路のアドミタンスの複素数表示 YGjBにおいて実数部 Gはコンダクタンス,虚数部 Bはサセプタンスという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「アドミタンス」の意味・わかりやすい解説

アドミタンス
admittance

電流の流れやすさを示す量で,電流と電圧との比。単位はジーメンス,単位記号はS。かつてモー(℧)という単位が用いられた。電流の流れにくさを示すインピーダンスの逆数である。交流回路では複素数YGjBと表現され,実数部はコンダクタンス,虚数部はサセプタンスと呼ばれる。並列接続されたものの合成アドミタンスは各部分のアドミタンスの和になる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のアドミタンスの言及

【サセプタンス】より

…電圧と電流との比をインピーダンス,その逆数,つまり電流と電圧との比をアドミタンスという。サセプタンスはアドミタンスの虚数部である。…

※「アドミタンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android