アナスタシア

デジタル大辞泉プラス「アナスタシア」の解説

アナスタシア

イギリスの振付家ケネス・マクミランによるバレエ(1967)。原題《Anastasia》。ベルリン、ドイツ・オペラで初演。1971年にロイヤル・バレエ団による改訂版が上演された。音楽はチャイコフスキー、マルチヌーなどを使用。

アナスタシア

クレディアワールドワイド株式会社が販売するアイブローのブランド名。カット用品などがある。また、眉の形を整えるサロンを展開している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アナスタシア」の解説

アナスタシア
Anastasia

[生]?
[]304頃
ローマの聖女。ディオクレチアヌス帝による迫害パンノニアシルミウムにおいて火刑に処され殉教遺体はゲンナディウスによりコンスタンチノープルへ移された。ローマ教会のミサ典礼書にこの名が録されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアナスタシアの言及

【イワン[4世]】より

…〈グローズヌイ(雷帝)〉というあだ名はその恐怖政治のためとされるが,元来は〈厳格な〉〈畏怖させる〉という意味で,暴君に対する形容ではなかった。イワンは気性が激しく,猜疑心も強く,81年にも息子イワンを口論の末打ち殺したが,1547年に結婚した最初の妃アナスタシアAnastasiya Romanovnaは,夫の怒りの発作をしずめることができたといわれ,イワンの治世も60年の彼女の死で二分されることが多い。 治世の前半は改革期で,ゼムスキー・ソボルの招集,新たな法令集(スジェブニク)の制定,ストグラフ会議の開催,中央と地方の行政と税制の整備,とくにコルムレニエkormlenie(住民負担の扶持による代官の支配)に代わる住民自治の導入,貴族と士族(ドボリャニン)の軍役義務の確定などの改革があいついだが,これを推進したのは有能な行政官アダシェフAleksei Fyodorovich Adashevを中心とするいわゆる〈選抜者会議〉であって,イワン自身の役割,功績ははっきりしない。…

※「アナスタシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android