アナログコンピューター(読み)あなろぐこんぴゅーたー

  • analog computer

世界大百科事典 第2版の解説

アナログコンピューターは,現在広く利用されているディジタル技術を核としたディジタルコンピューター普及に先だって,シミュレーターや科学技術計算に広く活用されたアナログ技術を核とした計算機である。 数値変数を長さ,電圧回転角などのように連続的は物理量に置き換えて,物理現象の数学的関係を用いて相似的に計算する計算機で,もっとも手近なとして計算尺がある。もっとも広く用いられたアナログコンピューターは数値を電圧などの電気量に置き換えて計算し,解は電気量と時間の関係で示される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

数値データを電圧・抵抗・回転角などの物理量に置き換えて演算を行う計算機。この原理の最も簡単なものに計算尺があるが、ふつうは電気的量を用いるものをいう。計量型計算機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアナログコンピューターの言及

【コンピューター】より

…この場合,ディジタルであることを強調して,ディジタルコンピューターともいう。広義のコンピューターは,アナログ電子回路を利用しておもに数値計算を行うアナログコンピューターを含む。本項は,ディジタルコンピューターに限定して記述する。…

※「アナログコンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android