コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニリン系薬中毒 あにりんけいやくちゅうどく

1件 の用語解説(アニリン系薬中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あにりんけいやくちゅうどく【アニリン系薬中毒】

 アセトアミノフェンフェナセチンの2種類があって、中毒の症状がちがいます。
■アセトアミノフェン中毒
 一般用薬の解熱・鎮痛薬やかぜ薬の多くに含まれています。医療用薬にも、含まれているものがあります。
●症状 飲んでから24時間ぐらいは、症状がないか、あっても吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)程度です。
 その後に肝障害がおこってきます。軽い高ビリルビン血症、低血糖がおこることもあります。
 大量に飲んだときには、3~4時間後に昏睡(こんすい)や代謝性(たいしゃせい)アシドーシスがおこることがあります。
●治療 吐かせるとともに初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄を行ないます。
 事故から1時間以内であれば、吸着剤の活性炭を使用します。
 事故から4時間以上たっても血液中のアセトアミノフェンの値が高いときは、拮抗薬(きっこうやく)のアセチルシステインを経口か注射で用います。
■フェナセチン中毒
●症状 昏睡、けいれんがおこるほか、メトヘモグロビン血症溶血性貧血などが発症します。
●治療 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄、吸着剤や下剤の使用などを行ないます。
 メトヘモグロビン血症には、メチレンブルーの点滴、けいれんには、ジアゼパムの注射を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

アニリン系薬中毒の関連キーワードフェナセチンアミノ糖風邪薬パラアミノフェノールアセチルアミノフルオレンアセチルCoACアセチルトランスフェラーゼアセチルシステインアセトアセチルCoA2-アセトアミド2-デオキシグルコースネットフェンス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone