コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジアゼパム ジアゼパム diazepam

翻訳|diazepam

4件 の用語解説(ジアゼパムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジアゼパム
ジアゼパム
diazepam

マイナートランキライザ (→向精神薬 ) の一つ。作用機序はクロルジアゼポキシドと同様であるが,より強力で作用スペクトルが広い。消化管の吸収は速く,1時間以内に血中濃度が最大となるが,体内に比較的長くとどまるので,作用が長く持続する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジアゼパム(diazepam)

向精神薬の一。不安除去・睡眠誘発・筋弛緩(しかん)などの作用を有する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジアゼパム【diazepam】

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬(マイナー・トランキライザー)の代表的な薬物。1960年に合成され,63年から臨床に用いられるようになり,日本では64年から発売されている。抗不安作用のほか,抗痙攣(けいれん),睡眠誘導,筋弛緩の作用もある。ベンゾジアゼピンの作用機序は最近になって明らかになりつつある。すなわち,中枢神経系においてγ‐アミノ酪酸が関与した生体機構に作用すると考えられる。中枢抑制薬との併用や飲酒によりジアゼパムの作用は増強される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジアゼパム
じあぜぱむ
diazepam

抗不安薬、マイナートランキライザー(穏和精神安定剤)。クロルジアゼポキシドに次いで開発されたベンゾジアゼピン系向精神薬で、催眠、筋弛緩(しかん)、抗けいれん作用を有しているので、神経症やうつ病などの治療に用いられる。散剤(1%含有)、細粒剤(1%含有)、錠剤(2ミリグラム、3ミリグラム、5ミリグラム、10ミリグラム含有)、シロップ(0.1%含有)、注射液(1ミリリットル中5ミリグラム、2ミリリットル中10ミリグラム含有)が市販されている。市販名「セルシン」「ホリゾン」。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジアゼパムの言及

【筋弛緩薬】より

…また,脳幹網様体への作用も筋弛緩に関与している。錐体路の病変の徴候である痙縮や痙性麻痺に対しては,ジアゼパムがよく用いられていたが,塩酸トルペリゾンなどが抗痙縮薬として脳卒中後遺症,脳性麻痺,痙性脊髄麻痺などの痙性麻痺に有効であることが確認された。カルバミン酸クロルフェネシンの化学構造はメフェネシン型である。…

【癲癇】より

…40℃もの高熱,大脳の嵌頓(かんとん)ヘルニアによる瞳孔左右不同症をみるに至り,死亡する。最近,ジアゼパム20~30mgの急速静注(静脈内注射)により,比較的容易に治療できるようになった。欠神発作重積状態には,定型欠神発作重積状態と発作性昏迷ictal stuporとか棘徐波昏迷spike‐wave stupor(ニーデルマイヤーE.NiedermeyerとカーリフェーR.Khalifeh,1965)と呼ばれる状態がある。…

【トランキライザー】より

…しかし,まぎらわしいので現在では,前者を抗不安薬anti‐anxiety drug,後者を抗精神病薬anti‐psychotic drugとよぶようになった。バーガーF.M.Bergerが筋弛緩薬として合成したメプロバメートに抗不安作用が発見された(1955)のが最初の抗不安薬で,次いでベンゾダイアゼピン系のクロルジアゼポキサイド,ジアゼパム,オキサゼパムなどが合成され,心身症などに広く用いられている。これらは筋弛緩や眠気などを伴うので,服用後の自動車運転は危険である。…

※「ジアゼパム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジアゼパムの関連キーワード薬物療法睡眠導入剤抗不安薬トランキライザーマイナートランキライザー催眠・鎮静薬中毒ベンゾジアゼピン中毒鎮静薬メジャー/マイナーベンゾジアゼピン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジアゼパムの関連情報