コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチレンブルー メチレンブルー methylene blue

7件 の用語解説(メチレンブルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチレンブルー
メチレンブルー
methylene blue

青銅色の光沢をもった暗緑色,無臭の結晶。 C16H18ClN3S・3H2O で表わされる。水,アルコールクロロホルムに可溶。水溶液は青色を呈する。ジメチルアニリンチオ硫酸から合成される塩基性染料

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メチレン‐ブルー(methylene blue)

塩基性染料の一。ブロンズのような光沢のある暗緑色の結晶。水・エタノールに溶けて青色となる。還元されると無色、酸化されると青色になるため、酸化還元指示薬に利用。また、生体染色や殺菌剤に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メチレンブルー

代表的な青色塩基性染料。メチルチオニンともいうチアジン系染料の一種。市販品は銅赤色の粉末。水,アルコールに溶けて青色を示す。古い歴史をもち,タンニン媒染で木綿を青く染めるが日光に弱い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

メチレンブルー

 C16H18ClN3S (mw319.86).

 青色の酸化還元色素で,還元されると白色のロイコメチレンブルーとなる.酸化還元の指示薬として,また人工の水素受容体として使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メチレンブルー【methylene blue】

メチルチオニンmethylthionineともいう。チアジン系塩基性染料。ジメチルアニリン‐p‐フェニレンジアミンを原料とし,チオ硫酸ナトリウムNa2S2O3の存在で酸化縮合させ,さらに閉環して製造する。一般には塩素Clアニオンを付けているが,塩化亜鉛ZnCl2と複塩の形の染料とすることもある。深青色の結晶で,水,エチルアルコールに溶解して青色を呈する。塩基性染料の特色として美麗な濃青色だが,耐光性が著しく低く,特別な場合を除いて繊維染色には用いられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メチレンブルー【methylene blue】

塩基性染料の一種。暗緑青色の結晶性粉末。水に溶け青色の溶液になる。繊維を鮮やかに染めるが、日光に弱い。細胞・組織などの生体染色、酸化還元指示薬(酸化されて緑青色、還元されて無色)、殺菌剤などに用いる。メチレン青。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチレンブルー
めちれんぶるー
methylene blue

チアジン骨格をもった塩基性染料で、1876年にドイツのH・カロによって合成された美しい青色の染料である。4-アミノジメチルアニリンとチオ硫酸ナトリウムから合成する方法と、フェノチアジンをジメチルアミノ化する方法がある。暗緑青色の結晶または粉末。水、エタノール(エチルアルコール)によく溶ける。中性浴から絹、羊毛を染めることができる。また、木綿はタンニン媒染で染色可能である。しかし日光に弱く、染料としての実用価値は低い。還元により無色のロイコメチレンブルーleucomethylene blueとなるが、酸化により可逆的にメチレンブルーに戻る。このゆえに、酸化還元指示薬としての利用がある。このほか、殺菌剤としての医薬や機能検査薬、生体染色剤などにも利用される。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチレンブルーの関連キーワードアデノシルメチオニン活性メチオニンSアデノシルメチオニンエチオニンセレノメチオニンメチオナールメチオニン吸収不良症候メチオニンスルホキシドメチオニンスルホンメチルチオニン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone