コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニー・ホール

2件 の用語解説(アニー・ホールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

アニー・ホール

1977年製作のアメリカ映画。原題《Annie Hall》。監督・主演したウディ・アレンの代表作のひとつ。共演:ダイアンキートントニー・ロバーツ、クリストファー・ウォーケンほか。第50回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演女優賞(ダイアン・キートン)、脚本賞受賞。第31回英国アカデミー賞作品賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニー・ホール
あにーほーる
Annie Hall

アメリカ映画。監督ウディ・アレン。1977年作品。しばしばフランスヌーベル・バーグ作家主義の流れをくむアメリカ映画界の“Auteur”(映画作家)とも称されるウディ・アレンの作家性を世に知らしめた出世作。アレンが監督、主演、脚本、編集、キャスティングと、作品のほとんどの構成要素を占めている。作品内に自伝的な自己投影を行い、自身が主演し、そして自らが抱える精神的苦悩や人間関係を疑似的にドキュメントしたものが物語の基盤となっている。作品を通して、過去の出来事や取り留めのない日常的なやりとりなどのドキュメント仕立てシーンが続き、アルビー(ウディ・アレン)とアニー(ダイアン・キートンDiane Keaton、1946― )との二人の揺れ動く恋愛関係の全体像が徐々に明らかとなる。無声映画のように字幕を使って登場人物の心の叫びを可視化したり、突然画面を二分割して、離れた複数の位置空間を同時進行させたりと、あらゆる方法でこれまでの伝統的な映画的文法や概念を打ち破ってみせている。また、ニューヨークなどの大都市を舞台に、厳粛なドラマシニカルコメディ要素を組み合わせた物語構成は、後のロマンティック・コメディ様式の先駆けともいえる前衛的な作品である。1977年、アカデミー作品賞、監督賞など4部門受賞。1978年(昭和53)日本公開。[堤龍一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニー・ホールの関連キーワードクラムダンボアメリカ アメリカあめりか祭アメリカの影アメリカを斬るアメリカン・グラフィティ2狼男アメリカン巴里のアメリカ人ビッグ・アメリカン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アニー・ホールの関連情報