コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アピス Apis

翻訳|Apis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アピス
Apis

エジプト神話の雄牛神性ハピ Hapiのギリシア語化。エジプトの他の雄牛の神性と同様に,もともと多産豊穣の神で,鳥獣の繁殖に関係していたが,のちプターオシリスと結びつくようになった。またこの牛の動きの一つ一つが,未来の前兆として解釈された。全エジプトで広く信仰され,特にメンフィスで飼育され崇拝された。毎年1度,ナイルが増水しはじめる頃に盛大な誕生の祭典が行われたが,25年以上生きたものは僧侶により溺死させられ,セラピスの神殿に埋められた。真黒で額に方形の白い部分と,背中にわしの形の標と甲虫のような瘤がある牛が神牛とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アピス

古代エジプトのメンフィスで崇拝されたプタハ聖牛。エジプト名ハプHapu。特別な黒斑をもつ白い牡牛で,プトレマイオス朝にはオシリスと習合してセラピスSerapis神となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アピス
あぴす
Apis

古代エジプトの牛神。エジプトでは多くの動物神が崇拝されたが、アピスはとりわけメンフィスで厚く尊崇された聖牛で、ここには地下にそれら聖牛の墓室が造営された。これらの聖牛はオシリス神と結合してセラピスとよばれ、その墓室はセラペイオン(セラペーウム)として知られていた。メンフィスのセラペイオンは、1851年にフランスのエジプト学者A・D・マリエットによって発掘された。なおセラペイオンは、プトレマイオス朝(前305~前30)期にアレクサンドリアにも建てられ、学術の殿堂として知られたが、389年に破壊された。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアピスの言及

【ウシ(牛)】より


【象徴としての牛】
 民俗学的立場から家畜化の起源を論じたハーンEduard Hahnの次のような説が,一時もてはやされたことがある。例えば,古代エジプトにおいてアピスApis牛といわれる牛がいた(図2)。それは聖牛であり,メンフィスのハトホルの神殿に一定期間飼われ,聖牛として人々の信仰の対象となった。…

※「アピス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アピスの関連キーワードロサンゼルス・オリンピック競技大会ベック(Jeff Beck)オレクサンドル ペトリフアルゴス(ギリシア神話)オレーナ コステビッチエアライフル射撃競技スモールボア射撃競技フランク デュムランニーノ サルクワゼラルフ シューマンマリア グロジェバナタリア パデリナライフル射撃競技ピストル射撃競技アイム・セクシーレウリス プポキム ジャンミチン ジョンオジェフ ベック近代五種競技