コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アピス アピス Apis

翻訳|Apis

3件 の用語解説(アピスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アピス
アピス
Apis

エジプト神話の雄牛の神性。ハピ Hapiのギリシア語化。エジプトの他の雄牛の神性と同様に,もともと多産豊穣の神で,鳥獣の繁殖に関係していたが,のちプターやオシリスと結びつくようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アピス

古代エジプトのメンフィスで崇拝されたプタハの聖牛。エジプト名ハプHapu。特別な黒斑をもつ白い牡牛で,プトレマイオス朝にはオシリスと習合してセラピスSerapis神となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アピス
あぴす
Apis

古代エジプトの牛神。エジプトでは多くの動物神が崇拝されたが、アピスはとりわけメンフィスで厚く尊崇された聖牛で、ここには地下にそれら聖牛の墓室が造営された。これらの聖牛はオシリス神と結合してセラピスとよばれ、その墓室はセラペイオン(セラペーウム)として知られていた。メンフィスのセラペイオンは、1851年にフランスのエジプト学者A・D・マリエットによって発掘された。なおセラペイオンは、プトレマイオス朝(前305~前30)期にアレクサンドリアにも建てられ、学術の殿堂として知られたが、389年に破壊された。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアピスの言及

【ウシ(牛)】より


【象徴としての牛】
 民俗学的立場から家畜化の起源を論じたハーンEduard Hahnの次のような説が,一時もてはやされたことがある。例えば,古代エジプトにおいてアピスApis牛といわれる牛がいた(図2)。それは聖牛であり,メンフィスのハトホルの神殿に一定期間飼われ,聖牛として人々の信仰の対象となった。…

※「アピス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アピスの関連キーワードオシリスクヌムエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト女王の棺エジプト風ヌン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アピスの関連情報