アフターグロー(英語表記)afterglow

翻訳|afterglow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アフターグロー」の解説

アフターグロー
afterglow

気体中のグロー放電高周波放電において,急に放電を止めたのちにプラズマ衰していく過程をいい,その過程にあるプラズマをアフターグロープラズマと呼ぶ。実験では放電をパルス的に繰返し,放電を止めたのちの時間の関数として電子密度や電子温度の減少する様子を測定し,プラズマの損失過程を研究する。拡散再結合,電子付着などがおもな損失の過程である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「アフターグロー」の解説

アフターグロー
アフターグロー
afterglow

残光ともいう.放電を中断した後のグローや,蛍光体を刺激し,刺激を取り除いたのちの発光をいう.アフターグローは時間とともに明るさを減じるが,その変化から励起状態の寿命など発光機構の測定ができる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android