コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブチロン アブチロンAbutilon; flowering maple; Indian mallow; parlor maple

4件 の用語解説(アブチロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブチロン
アブチロン
Abutilon; flowering maple; Indian mallow; parlor maple

アオイ科アブチロン属の総称。低木あるいは草本で,世界の熱帯および亜熱帯に約 100種が分布する。園芸的に利用されるのは,中央・南アメリカの原産種が多い。葉は心臓形のほか,掌状に深く切れ込むものなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アブチロン

熱帯原産,アオイ科の一属で約100種がある。常緑の低木,つる性となるものもある。花は一般に半開きで風鈴のようにたれさがって咲くものが多い。さし木,実生(みしょう),とり木。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブチロン【flowering maple】

イチビをはじめ,茎の皮から繊維を採るために栽培される一年草または多年草を含むアオイ科の植物。熱帯を中心に全世界には約100種が知られ,ウキツリボクショウジョウカあるいは両者の雑種起源の園芸植物アブチロンの名で,花を観賞するために栽培される。ウキツリボクA.megapotamicum St.Hil.et Naud.は高さ1mほどの低木で葉腋(ようえき)から風鈴状に垂下する赤色の萼と黄色の花弁からなる花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブチロン
あぶちろん
[学]Abutilon

アオイ科の低木または草本。熱帯から温帯にかけて分布し、100種以上ある。花は葉腋(ようえき)に単生し、下垂する。花弁は5枚で鐘状になる。雄しべは多数が合着して筒状になり雌しべを包む。数品種の雑種A. hybridum Hort.が鉢栽培される。葉に白または黄斑(きふ)の入る品種もある。キフアブチロンA. pictum Walp. cv. Variegataは掌状葉に黄斑が入り、花は橙黄(とうこう)色に暗赤色の網目が入る。ウキツリボクA. megapotamicum St. Hil. et Naud.はブラジル南部原産であるが、耐寒性が強い。花は長さ4~5センチメートル、黄色の花弁と赤色の萼(がく)が美しい。葉に黄斑の入る園芸品種がある。茎は細く下垂する。繁殖はすべて挿木による。なお、繊維作物のイチビも同じ仲間である。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone