コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥル・ラフマーン(奥都剌合蛮) アブドゥル・ラフマーン`Abd alRahmān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラフマーン(奥都剌合蛮)
アブドゥル・ラフマーン
`Abd alRahmān

[生]?
[没]1246
13世紀のモンゴル帝国の財政家。 1238年ウイグル人宰相鎮海 (ちんかい) の手引でオゴデイ (太宗) に近づき,河南一帯の課税額銀 220万両を,翌 39年 440万両で請負った。 40年,提領諸路課税所官にあてられて,帝国東半部の財政を一手に握った。 41年冬,オゴデイがオテグ・フラン山に狩猟したとき彼は酒をすすめ,この酒に酔ったオゴデイは翌朝早く急死した。摂政の皇后トレゲネ (脱列哥那) は,従来帝国東半部の宰相であったマフムード・イェルワジを罷免してアブドゥル・ラフマーンを宰相とし,全権を委任した。しかし 46年グユク (貴由) の即位とともに失脚し,処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アブドゥル・ラフマーン(奥都剌合蛮)の関連キーワードアブドゥル・ラフマーン財政家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android