コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・ファズル Abū al-Fazl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・ファズル
Abū al-Fazl

[生]1551
[没]1602
インド,ムガル帝国アクバル大帝の重臣で,思想家,歴史家。その兄ファイジーとともにアクバル支配を支える重要な役割を果した。『アクバル・ナーマ (アクバルの書) 』 Akbar Nāmahおよび『アーイーネ・アクバリー (アクバルの鏡) 』A'in-i Akbarīの著者として有名。宮廷における権力争いのなかで暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブル・ファズルの関連キーワードバルアミー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android