コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ハニーファ Abū Ḥanīfah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・ハニーファ
Abū Ḥanīfah

[生]699頃. クーファ
[没]767. バグダード
イスラム四大法学派の一つ,ハナフィー学派の祖。クーファで法学者として活躍したが詳しい経歴は不明。アッバース朝カリフであったマンスールによって毒殺されたと伝えられている。著書は少なく,彼の思想は問答の形で後世に伝えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー・ハニーファ
あぶーはにーふぁ
Al-Nu‘mn b. Thbit b. Z Ab anfa
(699/700―767)

イスラム法学者。スンニー派の四大法学派の一つ、ハナフィー学派の祖。クーファ(イラク)に生まれ、その地に行われていた法研究を総合した。時のカリフ、マンスール(713?―775)にカーディ(法官)の職につくように請われたが、不信心な君主の下で仕えることを拒否したため獄死したといわれる。彼の名を冠した書物は多いが大部分は後世の偽作である。しかしハナフィー学派の特色である個人的判断(ライ)を強調した法体系は、彼に始まるものであろう。[竹下政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アブー・ハニーファの関連キーワードアブー・ユースフアブー・ユースフ中東史(年表)ハナフィー派イスラム法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android