コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ハニーファ アブー・ハニーファ Abū Ḥanīfah

2件 の用語解説(アブー・ハニーファの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・ハニーファ
アブー・ハニーファ
Abū Ḥanīfah

[生]699頃. クーファ
[没]767. バグダード
イスラム四大法学派の一つ,ハナフィー学派の祖。クーファで法学者として活躍したが詳しい経歴は不明。アッバース朝カリフであったマンスールによって毒殺されたと伝えられている。著書は少なく,彼の思想は問答の形で後世に伝えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー・ハニーファ
あぶーはにーふぁ
Al-Nu‘mn b. Thbit b. Z Ab anfa
(699/700―767)

イスラム法学者。スンニー派の四大法学派の一つ、ハナフィー学派の祖。クーファ(イラク)に生まれ、その地に行われていた法研究を総合した。時のカリフ、マンスール(713?―775)にカーディ(法官)の職につくように請われたが、不信心な君主の下で仕えることを拒否したため獄死したといわれる。彼の名を冠した書物は多いが大部分は後世の偽作である。しかしハナフィー学派の特色である個人的判断(ライ)を強調した法体系は、彼に始まるものであろう。[竹下政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブー・ハニーファの関連キーワードサーファークーファン陸サーファービーファイターファーファファーファ柔軟剤ファーファ Spaベビーファンド丘サーファー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone