コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミラント諸島 アミラントしょとう Amirante Islands

3件 の用語解説(アミラント諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミラント諸島
アミラントしょとう
Amirante Islands

インド洋西部,セーシェルを構成するサンゴ礁の小島群の一つ。セーシェル諸島南西約 320kmに位置。古くからペルシア湾を往来する商人に知られていたが,1502年バスコ・ダ・ガマが望見,当時は無人島であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アミラント‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アミラント諸島】

Amirante Islands》セイシェル共和国の小諸島。セイシェル諸島の南西約320キロメートルに位置する。1502年にバスコ=ダ=ガマが発見。フランス、英国の統治を経て、1976年のセイシェル独立時に返還された。主な島は東部のデロシュ島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミラント諸島
あみらんとしょとう
Amirante Islands

インド洋西部にあるセイシェル共和国の小諸島。タンザニアの東、セイシェル諸島の南西、南緯5度30分、東経53度10分に位置する。人口約200。アフリカ島、ダロス島、デスネフ島、セント・ジョセフ島、ポワブル島、マリー・ルイーズ島などからなる。主要産品はコプラ。1502年バスコ・ダ・ガマが発見、かつてはフランス領であったが、1814年からイギリス領となり、1976年セイシェルの一部として独立。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミラント諸島の関連キーワードセーシェルセガ人員セイシェルインド洋の死闘シェルトミシェルおばさん細胞骨格タンパク質英領チャゴス諸島セーシェルコオイガエル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone